新築にはない中古マンションのメリットやお得な物件の選び方

男性と女性

中古マンション購入のメリット

中古マンションを購入できる最大のメリットは、なんといっても実際の物件を見て購入することができるということです。それにより、実際の日の当たり方・はいり方などを確認することができます。東京の杉並区にある新築マンションは基本的に建設中か建設が始まる前に購入するので、中古マンションにしかないメリットだと言えます。

住宅ローン減税

住宅ローン減税を受けることは、支払いを軽くする上でとても大事なことです。ですが、住宅ローン減税が適用されるのが築25年以内の建物になるので、あまりにも古い中古マンションの購入は避けた方がいいかもしれないです。住宅ローン減税は他にも細かい決まりがたくさんありますが、土地家屋調査士などを利用することで、分からないことを解決してくれます。

不動産会社と信頼関係を作る

中古マンションを選ぶ上で大事になることが、信頼できる不動産屋を利用することです。中古マンションは、新築マンションに比べて思わぬ穴がたくさん存在します。購入してから気付いては遅いので、欠点や値段の理由を包み隠さず説明してくれるような、信頼できる不動産屋を利用する必要があります。普段から信頼関係を作っていくよう意識しましょう。

お得な中古マンションのポイント

no.1

築年数が浅め

中古マンションの中でも、築年数が浅めのマンションが特におすすめです。新築ではないので、販売価格はかなり落ちてしまいます。また、一度購入されていたので、それなりに条件のいい立地であることが多いです。築年数が浅い中古マンションを見つけたら概要を確認するようにしましょう。

no.2

室内の状態が綺麗なマンション

室内が綺麗ということは、きちんと管理されてきたということになります。なので、購入後も価値が下がりにくいということになります。室内がそれほど綺麗じゃない物件でも、リノベーションすることにより、自分好みの物件に変えることができます。

no.3

価格交渉に応じてくれる物件

中古マンションは、新築のマンションに比べて価格交渉がしやすいです。その中でも、早く物件を手放したい売り主の人は価格交渉に乗ってきます。数百万単位での値段交渉が可能になるので、応じてくれる物件はとてもお得な中古マンションといえます。

管理が行き届いてる物件を探そう

維持管理が悪いマンションは基本的に購入しないようにした方がいいです。管理の良し悪しを判断するポイントは、集合ポスト周辺にチラシなどが散乱していないか、自転車置き場が綺麗に並んでいないかなどを確認するといいでしょう。

住んでから後悔する

当たり前のことができないような、意識の低い住民が住んでいるマンションは住んでから後悔することが多いです。また、そのような状態でも改善しようとしない維持管理が適当な運営だと、不満が溜まってしまいます。これらを避けるためには先ほど紹介したポイントを確認するようにしましょう。

[PR]
湘南のマンションが話題
ワンランク上の暮らしができる★

[PR]
マンションを売る予定なら必見!
売却価格が手軽に比較できちゃう♪