空き家の管理・活用方法について知りましょう

空き家の活用方法

田舎にある空き家を相続したとしても、住む予定がなく利用方法に困っている方がたくさんいます。実家はさまざまな思い出がある上に、処分するのとしたらお金が掛かります。今回は空き家の活用方法について紹介していきます。

おすすめ!空き家の得する使い方TOP3

no.1

空き家バンクを利用する

現在多くの空き家は、空き家バンクに登録されています。空き家バンクは全部で500近くになると言われています。空き家バンクへ登録することにより、賃貸主とマッチングしてくれるというメリットがあります。一般的な不動産屋を利用するより、初めから空き家を探している方が利用するので、契約に繋がりやすいです。

no.2

シェアハウスとして貸し出す

田舎にはアパートなどの賃貸物件が充実していないので、移住してきた方や単身赴任で引っ越してきた方の住む場所がないということがよくあります。その需要を見逃さず、空き家をシェアハウスとして貸し出す方が増えています。田舎のお家は広い傾向にあるので、シェアハウスに適していると言えます。

no.3

コミュニティスペース

地域住民が集まり、触れ合うことができるコミュニティスペースにすることもできます。利益目的ではなく、空き家を自治体やNPO法人に使ってもらうことになるので、地域に貢献していくことができます。

空き家の管理・活用方法について知りましょう

インテリア

空き家を放っておくとお金が掛かる

全国に空き家は800万戸以上と言われていますが、その全てに固定資産税が掛かってしまいます。税金だけでなく、家自体の維持管理費も掛かります。このように空き家は放っておくとどんどんお金を食っていきます。それを防ぐためには、上手く活用していくしかありません。空き家の管理をどのようにしていけばいいか説明していきます。

空き家バンクに相談する

空き家バンクは、多くの空き家を扱ってきているので、空き家に関するノウハウを持っているでしょう。なので、最適な空き家の活用法を教えてくれます。また、管理に関しても、支援金などを支給している空き家バンクもあります。まずは一度近くの空き家バンクどうにかしたいと相談してみるといいでしょう。

空き家バンクを利用した方の口コミ

親身になって相談を受けてくれた

これまで親から譲り受けた空き家を活用できず、数年間放置していました。ですが、このままではだめだと思い活用方法を調べていると、空き家バンクにたどり着きました。そして活用方法について、親身になって相談に乗ってもらえました。アドバイザーの方の対応に感謝しています。

安くで移住できた

空き家バンクは、一般的な不動産屋を利用するより、安い物件がたくさん登録されていました。家族での移住でしたが、初期費用なども少なく、安く移住することができました。とても満足しています。

物件が豊富

田舎は物件数が少ないというイメージがありました。ですが、最近は空き家バンクなるもののおかげで簡単に住みかを見つけることができます。これから田舎で物件探しする方は絶対に利用した方がいいです。

支援金制度が便利

私が利用した空き家バンクはリノベーション工事を支援する制度がありました。おかげ様で通常より安くリノベーションを行うことができました。支援制度が無かったらずっと放置していたと考えると、助けられたという気持ちがあります。