優良な不動産屋を見分けるためのコツを確認しよう

不動産屋はよく選ぼう

世の中にある不動産屋のほとんどは、優良な企業です。ですが、中には利用者をだますような不動産屋も存在しています。いい不動産屋と悪い不動産屋を見分けられるようにならないと、騙されてしまう可能性もあります。ここからは優良な不動産業者の選び方はを解説していきます。

優良な不動産業者の見分け方

必要な免許や許可がある

不動産の取引をおこなうためには、宅地建物取引業法に定められている免許を持っていなければいけません。免許は二種類あり、国土交通大臣と都道府県知事の免許になりますが、この二つには違いがあります。二つ以上の都道府県に事務所を設置する場合は、国土交通大臣の免許が必要になりますが、一つだけなら知事の免許で大丈夫です。

名義貸しをしている業者

免許業者は、事務所に専任の宅地建物取引士を雇っている必要があり、更に氏名を国土交通省に登録しなければいけません。ですが、中には宅地建物取引士の資格者が存在していない不動産屋も存在しています。それがどういうことかというと、許可を取った時には、在籍していた免許保有者が、やめている可能性が高いです。もしやめているのであれば、新しい人を用意しなければいけませんが、それを怠っているということです。

煽り文句が多い

店頭やインターネットの広告で、誇張表現をしている不動産屋が目立ちます。激安や物件数No1などといった言葉を一度は見たことがあるでしょう。このような煽り文句をたくさん使用している不動産屋は、不動産公正取引協議会で定められている決まりを無視していることが多いです。お客の目を引くことだけに意識を向けている証拠です。

整理整頓がされているか

不動産屋はサービス業の一種なので、社員の教育をしっかりと行っていかなければいけません。また、お客さんに不快な印象を与えてはいけません。ですが、接客する舞台である店頭や見える範囲が整理整頓されていない会社は信頼度が低いと言えます。不動産屋はお客さんの個人情報を取り扱っています。散乱している書類にお客さんの個人情報が含まれている可能性もあります。

従業員の身なりや言葉遣いが正しいか

一部の不動産屋では、闇金業者のような電話対応をしていることもあります。そんな不動産屋に大事な資産となる物件を選びを任せることは絶対にできません。不動産屋は人との信頼を大事にする必要があるので、このような態度をとる会社を利用してはいけません。

優良な不動産屋を見分けるためのコツを確認しよう

住宅模型

ローンの支払いに困った時

マンションを購入してローンを組んだ場合、多くの人が数十年支払い続けることになるでしょう。ですが、支払っている最中に何があるか分からないので、途中でローンの支払いができなくなることもあります。そんな時は、不動産屋ではなく任意売却の相談を受けている業者を利用するようにしましょう。大阪や岡山など全国各地にあります。

任意売却をするメリット

通常の競売に比べて、市場価格に近い値段で売れるということが一番のメリットになるでしょう。金額にすると数百万円~数千万円の違いがでてきます。また、買取先が決まってから引越しをするまでに猶予があります。すぐに引越しをしなければいけないのは競売と変わりませんが、急に強制退去させられる心配がありません。

任意売却をする方法

任意売却をするためには、ローン会社の承諾が必要になります。承諾してもらうためには、任意売却の交渉を行っている業者を利用する必要があります。相談をすると、どんどんと取引を進めていってくれるので、後は任せても大丈夫でしょう。もし承諾が受けられなかった場合は、諦めて競売に出すしかありません。

承諾をもらおう

任意売却は競売より高く物件が売れるという大きなメリットがありますが、結局はローン会社の承諾次第です。損はしないので、一度は承諾がもらえるかチャレンジしてみましょう。